キングダムは今では2600万部を超える

超有名マンガになりましたよね。

 

キングダムの魅力って一体何なのでしょうか?

 

それは将軍がさまざまないいところをもっていて

かっこいいところですよね。

 

その将軍の中でもダントツで人気の将軍がいます。

 

それは王騎(おうき)将軍です。

 

だれもが好きになってしまうような魅力がありますよね。

 

今回はそんな王騎将軍のかっこよすぎる最期について紹介します。
>>キングダムを無料で見る方法はこちら<<

すさまじいほどの王騎の魅力とは??

スポンサーリンク

皆さん王騎将軍のことを好きですよね。

 

しかし王騎将軍が最初出てきたときのネットの評判は最悪でした。

確かに初めて王騎将軍が出てきたときは

本当に気持ち悪かったです。

気持ち悪いですねー笑

 

 

しかし王騎将軍が死んでしまう16巻が終わったときのネットの反応は?

この代わりようです。

 

すごいですよねー。

 

私もその中の一人で巻を重ねるごとに好きになっていて、

王騎将軍が死んでしまうところでは鳥肌が立っていました。

関連記事

☞信の嫁になるのは一体だれ!?

王騎将軍の死!邪魔がなければ勝っていた!?

スポンサーリンク

王騎将軍は馬陽防衛戦で死んでしまいました。

 

しかし直接倒したのは龐煖ですが、

邪魔が入らなければ圧倒的に王騎将軍の方が強かったのです。

 

龐煖は一度王騎将軍に負けてから6年もの修行を積んできたのです。

 

しかし王騎将軍には全然かないませんでした。

その前になぜ負けるのかも龐煖は分らなかったのです。

 

そんな龐煖に王騎は、

「将軍には、死んでいった戦友の思いがすべて双肩に宿る」

といいましたが、龐煖にいいましたが龐煖は理解できません。

 

そして圧倒し、追い詰めたとき

なんと邪魔が入ってしまったのです。

 

その邪魔した男とは、

中華で10本の指に入る弓使いの”魏加”でした。

 

魏可の打った矢が王騎将軍の背中に刺さり、

少し隙が生まれたときに龐煖に矛で腹を刺されてしまったのです。

 

それがなければ王騎将軍は圧倒していましたし、

龐煖も余裕で倒して馬陽防衛戦にも勝利していたかもしれません。

 

しかしこの後ネットでは魏加の嫌みがたくさん書かれていました。

やっぱり一騎打ちに邪魔するのは、

よしてほしいですよね。
関連記事
☞【キングダム 】王騎が摎を選んだわけは!?

王騎将軍の最期の言葉とは!?

王騎将軍には一番有名な言葉がありますよね。

「天下の大将軍ですよ」

キングダムを読んだことがある人なら

ここで絶対鳥肌が立っていますよね。

 

これってよく考えたら凄すぎますよね。

 

腹に矛が突き刺さっているのに

こんなことがいえるなんてやばいですよね。

 

それに王騎将軍だからこれを言うととってもかっこいいんですよね。

 

壁(へき)が言ってたら殴りたくなりますよね笑

 

やっぱりみなさんこの言葉には感動したそうです。

やっぱりすごいですよね。

言葉の重みというのを凄く感じました。

関連記事

☞王騎の名言BEST10を紹介!!

スポンサーリンク

王騎が信に与えたのは矛だけではなかった!?

みなさんヤングジャンプのキングダムの500話を見ましたでしょうか?

 

やっと王騎の矛が信に継承されましたよね。

 

凄く感動しました!!

しかし、王騎が信に託したのは矛だけではなかったと

私は思います。

信を馬に乗せて、将軍というものを王騎将軍は説明していましたよね。

 

そして王騎は馬陽防衛戦に行く前に

秦王政に中華を目指すと宣言しています。

 

ここから考えると、

王騎将軍は信に中華統一までの道を託しているように思います。

 

そして信はその道の通りに今来ておりあとちょっとで将軍ですよね。

関連記事

☞信が剣を持ち続ける理由とは!?

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

王騎将軍は高いカリスマ性を持っていて、

すごくかっこいいですよね。

 

ずっと前に死んでしまった王騎将軍は

500話なのにまだ鮮明に王騎将軍はのこっていますよね。

 

これが永遠の大将軍なのでしょうか?

 

キングダムネタバレの通知を受けることができます

下から友達登録していただけると、

キングダムネタバレが更新されるたびにメッセージで通知を受けることができます!

 

なのでぜひ下のボタンを押して友達登録お願いします。

  友だち追加