キングダムネタバレ566がついにやってきました。

前回のキングダムネタバレ565では瞬水樹が楊端和をはめ、

犬戎の本軍に囲まれてしまいました。

 

キングダムネタバレ566はその続きからになると思います。

では早速キングダムネタバレ566に行きましょう。

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ566

スポンサーリンク

犬戎に囲まれた楊端和は驚きを隠せず目を見開く。

そして少し離れえたところにいる犬戎王ロゾを睨む。

 

そんな楊端和に対して瞬水樹が口を開く。

「犬戎本軍が来ている」

「逃げれないことぐらいわかるだろう」

と言う。

 

そこに公孫龍率いる趙軍がさらに楊端和達の逃げ道をふさぐ。

今山の民は後ろにゴバ軍 前に犬戎本軍、左右に公孫龍軍と完全に囲まれるという状況になった。

 

そのことに山の民達は動揺していた。

楊端和はすぐに周りを確認し、状況を把握する。

 

ゴバもこの見事な戦略に趙将である瞬水樹を褒める。

 

犬戎王ロゾも腰を上げる。

「愚かな女王に罰を与えるとするか・・・」

 

楊端和軍は四方向から囲まれ絶体絶命な状況となっていた。

スポンサーリンク

山の民は楊端和を中心とし、陣を組む。

陣が完成するとすぐに楊端和は指示を出す。

「この数ではロゾの首は取れん」

「脱出を計るぞ」

「私の横と後ろをしっかりと固めろ」

 

山の民が少し動いてるのを見たが瞬水樹は楊端和がすでに脱出不可能だと思い込んでいた。

 

ロゾは部下に指示をだす。

「楊端和は捕獲しろ私が直接首の皮を剥ぎ、死ぬまで犯すものである」

「それ以外許してはならない」

 

そしてついに瞬水樹が号令を下す。

「一人残らず切り刻め」

 

そういうと一気に犬戎達が声を上げた。

山の民が楊端和を囲み守るが、犬戎により外側の兵がどんどんと削られていく。

 

さらに公孫龍が山の民が逃げるのを阻止するため、

弓を構え、左右に行く山の民を狙えと指示を出す。

 

そして数の多さで犬戎に山の民がどんどんと殺されていく。

楊端和はすぐさま指示を出す。

「敵翼に走るな!」

「全員私について来いてこい」

 

そういうと楊端和はロゾや瞬水樹が予想した動きとは全く別の動きをした。

 

瞬水樹は四方を囲むなかで公孫龍とゴバの間の隙間を狙い、

全速力で脱出すると思っていたが実際は・・・・

スポンサーリンク

犬戎本軍に背から攻撃を受けることを受け止め、

正面からゴバへと突撃した。

 

山の民は楊端和を先頭にゴバ軍へと突っ込んでいく。

 

「まさか・・・・」

その行動に瞬水樹はかなり驚いていた。

楊端和は当初の計画通りゴバを討伐する作戦を取った。

 

そして楊端和は囲まれていたが、ゴバも楊端和とシュンメンやバジオウ、タジフに囲まれていた。

 

バジオウ達は楊端和の行動から察し、

全速力でゴバへと突撃していた。

 

しかしゴバの周りにはかなりの数の犬戎の兵がいた。

その数は楊端和の軍の10倍以上のかずである。

 

なのでゴバもさすがに自分のところまではこれないと思っていた。

ゴバの予想した通り山の民は数の力であまり押し込めずにいた。

楊端和以外は・・・・

 

楊端和は巧みな剣術を駆使し、どんどんと犬戎を葬っていく。

その力は瞬水樹でも予想できないほどの武力であった。

 

双剣を駆使し、一気に8人の首を切る。

 

楊端和はどんどんと敵を葬り、ゴバ軍をなんとほぼ一人の力で突破していた。

そして気づいたことにはゴバの目の前へと到着していたのであった。

 

それを見たゴバは驚きつつ双剣を手にする。

そして双剣を使い楊端和に攻撃する。

 

楊端和は見事にそれを受け切り、右腕の手首を切る。

しかしゴバのその隙をつき楊端和に攻撃を仕掛ける。

 

だが楊端和の剣使いは人間の領域を凌駕していた。

そのまま楊端和は左の手も切り落とし、首まで切り飛ばしてしまった。

 

その行為はまわりの敵味方全てを驚かしていた。

 

楊端和はゴバを倒すとすぐに脱出すると号令をかける。

 

犬戎王ロゾは部下にそのまま山の民を追撃するように指示を出した。

キングダムネタバレ566fin

キングダムネタバレ566感想

スポンサーリンク

キングダムネタバレ566はいかがだったでしょうか?

今回は楊端和が見事に敵を翻弄しましたね。

 

楊端和の武力がここまで高いとは正直思ってもいませんでした。

こうなると敵は公孫龍、ロゾ、瞬水樹、ブネンとなりましたね。

 

公孫龍公孫龍が来たとき少しビックリしましたが、

とくに今回はあまり効果をなしませんでしたね。

 

ようやく山の民と趙軍の武力が一緒になってきてるのではないかと思います。

 

次回のキングダムネタバレ567も楽しみです。

キングダムネタバレの通知を受けることができます

下から友達登録していただけると、

キングダムネタバレが更新されるたびにメッセージで通知を受けることができます!

 

なのでぜひ下のボタンを押して友達登録お願いします。

  友だち追加