キングダムネタバレ565がいよいよやってきました。

前回のキングダム564は西日本の大雨の影響を受け(中国地方出身)更新できませんでしたが、今回からまた更新していきたいと思います。

 

キングダムネタバレ564ではカタリがブネンに殺されてしまい、

キタリが突撃するが敵に止められたのちに壁が形勢を立て直すためにいったい撤退しました。

 

そしてフィゴ王が敵将トアクをなんなく倒しました。

あの描写は本当に面白かったです。

 

ではキングダムネタバレ565を見ていきましょう。

スポンサーリンク

キングダムネタバレ565

スポンサーリンク

「急報です。」

「ブネン様からです」

「ブネン様が敵将の内の一人を倒したようです。」

「そして敵はすぐさま後退したようです」

 

「右の報告です」

「トアク様は敵との闘いで敗れました」

 

それを聞いた犬戎がロゾの血族のゴバを見る。

「不幸な報告だな」

「奴は敬虔な奴を怒らせたようだな」

「明日の戦場で敵に怒りを爆発させてやる」

 

「明日からは私たちが奴の敵をするようになる」

 

その時山の民はすぐそばまで来ていた。

バジオウが双剣をうまく使い敵をなぎ倒していく。

 

その光景を見たゴバの副官であるチバがすぐに対応しようとする。

「奴らをゴバ様の本陣に近づかせるな」

 

だがその時にはシュンメンがチバの頭上にいた。

そしてシュンメンに首を斬られる。

「これを覚えておけ」

「俺たち鳥は、飢えたものであり、飢えた者たちの主の御前である」

 

この時戦場は中央がバジオウ、右がシュンメン、左がタジフとなっていた。

そしてその3軍がそろって進軍するという作戦であった。

スポンサーリンク

 

シュンメンが左を見るとある軍が全速で進軍していた。

 

そのころゴバは・・・

ゴバは一度上を見て集中しなおす。

そして全軍後退すると命令する。

 

だがその命令に部下達は反対する。

「バジオウを討つために2倍の兵を連れてきたのに」

「なぜバジオウを討たん」

 

だがゴバはすぐさま反論する。

「バジオウなんていつでも対応できる」

 

「バジオウを近づけないようにしておけ」

「全軍撤退だ」

 

犬戎が引いていくのを見てタジフ、シュンメン、バジオウが驚く。

「糞ども、すぐに後退しやがった」

とシュンメイが言う。

 

「本軍が無傷で後退しやがった」

「これはまるで・・・・」

と作戦が読まれているようだとシュンメンの部下は言う。

 

「いいや数日見た感じじゃゴバが一番頭の回る奴だ奴らがこちらの作戦を見抜いていたのだ」

 

といいシュンメンはなお一層速度を上げる。

「コバを処理今日中に処理しなければ勝負にならない」

とシュンメンは言われる。

 

それに対してシュンメンはそんなことわかっている。

そしてゴバの首の重さを誰よりも一番知っているのは楊端和だった。

 

楊端和はゴバの後退している退路を塞ぐ。

そしてその光景を見たシュンメンが部下達に自分達も詰めて、ゴバの首を狙うと教える。

 

だが自分達がついたころにはゴバの首を落ちてると言う。

 

場所が変わり楊端和へ

「割り込み悪いが、首をもらうぞ犬戎の長老よ」

 

するとゴバは言う。

「気に入らんが、本当にお前の言う通りになったな」

「舜水樹よ」

 

楊端和の後ろには舜水樹が立っていた。

舜水樹の後ろには開戦以来出てきていなかった犬戎ロゾの本軍が出陣の準備を整え待っていた。

 

シュンメンも後ろから大軍が現れてきたのを見ていた。

そしてまた巧みにやられたのかとつぶやく。

 

楊端和はゴバと舜水樹の犬戎軍に挟まれた形となっていた。

 

シュンメンがまずいことを察知する。

 

敵の目的はバジオウではなく楊端和であったのだった。

 

そして犬戎たちの中からゆうゆうと犬戎王ロゾが現れたのであった。

 

キングダムネタバレ565感想

スポンサーリンク

キングダムネタバレ565はいかがだったでしょうか?

今回はまたしても山の民がやられた形となりましたよね。

ですが楊端和はここまで読んでいた様に思えます。

 

その理由としては、エンポじぃに頼み事をしていたこと。

 

犬戎の本軍が出てきたことから察知できると思いますが、

エンポじぃが犬戎の城から兵糧を奪うという形になりそうですね。

 

猿と言えば何かを盗むイメージがありますし、舜水樹が通った道を通ることもできます。

なので兵糧を盗む確率は高いと思います。

 

そして楊端和がこの挟み撃ちからどう逃れるかも楽しみですよね。

楊端和自身が武力で言えば強いので突破するという作戦んいなるのかもしれないですよね。

 

それかフィゴ王が助けに来るというパターンもありそうですよね。

 

そして壁がどのように立て直すかも楽しみですよね。

次回のキングダムネタバレ567以降に明らかになっていくと思います。

 

楽しみに待ちましょう!

キングダムネタバレの通知を受けることができます

下から友達登録していただけると、

キングダムネタバレが更新されるたびにメッセージで通知を受けることができます!

 

なのでぜひ下のボタンを押して友達登録お願いします。

  友だち追加