キングダムネタバレ560がついにやってきました。

前回のキングダムネタバレ559では亜花錦が大活躍でしたね。

亜光がついに尭雲と馬南慈の攻撃を耐えきれず後頭部を斬られ気絶している状態の時に亜花錦が亜光将軍を助けました。

 

そしてキングダムネタバレ569はその続き亜花錦が二人から逃げるところからではないでしょうか?

 

では早速キングダムネタバレ560に参りましょう。

 

キングダムの最新ネタバレが更新されています。

☞キングダムネタバレ561

スポンサーリンク

キングダムネタバレ560

スポンサーリンク

亜花錦が助けにきた軍の中んい入り、尭雲と馬南慈の追撃を防ごうとする。

「亜光様を守れ!」

「亜光様を守れ!」

 

亜光兵は必至になって亜光を守ろうとする。

 

「つまり俺を守れ」

亜花錦が言う。

 

それを聞いた兵が亜花錦の馬の後ろに位置を移し、尭雲から亜花錦を守ろうとする。

 

だが尭雲と馬南慈の追撃はきつく、後列の亜光兵が背中から真っ二つにされる。

 

馬南慈もそれに続き、どんどんと追撃してくる。

 

そこにある騎馬隊が尭雲の斜め後ろから突っ込んでくる。

旗には”玉”という字が書かれていた。

 

「賁様!!」

 

「いらっしゃい坊ちゃん」

と亜花錦は王賁が来ることを前から知っていたように落ち着いて言う。

 

そして王賁は尭雲に槍で攻撃する。

その内の一槍が尭雲の頭に直撃する。

 

尭雲はその反動で少し怯む。

だが時間を空けず次は馬南慈が王賁へと矛を振り落とした。

スポンサーリンク

それを王賁は槍を両手で持ち、受け止める。

その隙に玉鳳隊の一人が馬南慈へと槍をつく。

 

その間に王賁は亜花錦の元へと馬を走らせる。

「キャキャキャ」

「救助にきても坊ちゃんが死んでしまったら無駄ですぞ」

 

と亜花錦は言う。

 

「うるさい知っている」

「それより亜花錦、亜光は生きているか?」

 

と王賁は重要な質問をすると亜花錦はおそらくと答えた。

すると王賁はあとは逃れるだけだという。

 

その時右側から亜光軍の騎馬隊がこちらへ救助にやって来ていた。

それを利用すれば馬南慈と尭雲から逃れれると王賁は考えた。

 

尭雲と馬南慈は本群から離れておりそこまで人数もいなかった。

だが尭雲と馬南慈はもうすぐ近くまで接近してきていた。

 

王賁は今の状況から最善の策を考えていたが、それは決していい策ではなかった。

「飛信隊に伝者を送れ」

「今から亜光軍は後退する」

「飛信隊も後退する時を見逃すな」

 

これは苦肉の策であった。

今王賁と亜光が後退してしまうと、陣を作っていた兵が殺されるだけでなく、

飛信隊だけが取り残されるという形になるからである。

スポンサーリンク

 

場所が変わり飛信隊本陣へ

「亜光軍全体が後退しています」

「玉鳳隊が戦闘で誘導しているように見えます」

 

「亜光将軍に何かあったのか!?」

 

などいろいろな報告が河了貂にされていた。

信がかなり前線にいるので左の趙軍が攻めてくると危ない状況であった。

 

だがまだ信は役割を果たしておらず河了貂はなかなか信を戻せずにいた。

 

しかし部下は信のことが心配で河了貂に信を戻させようとする。

「今信が岳嬰を倒すことができなかったら」

「右翼が勝つことができなくなる」

 

その時馬の足音が聞こえる。

それは玉鳳隊が後退したせいで趙軍が飛信隊のところまでせめて来たのである。

 

河了貂は焦りながら作戦を考えようといていた。

 

場所が変わり前線の信へ

 

信と岳嬰はお互いが見える位置にいた。

周りでは飛信隊と岳嬰軍が激しくぶつかり合っていた。

スポンサーリンク

その時岳嬰は走馬燈のように昔の出来事が頭をよぎっていた。

それは岳嬰の主人である慶舎と戦に行き、勝利した後のことであった。

 

しかしその光景も一瞬で変わり、慶舎が死んでいう光景へと・・・・。

その瞬間に岳嬰の意識は覚醒し、矛には最大級の力が入る。

 

そして一瞬岳嬰と飛信隊の信の間に道ができる。

岳嬰のすぐに馬を走らせた。

 

その時信はまだ下を向き目を閉じていた。

 

その様子を見て飛信隊の我呂や尾平などが信の名前を呼ぶ。

 

「地獄行きだーーー」

そういいながら岳嬰は槍を信の心臓へと突き刺そうとする。

 

その瞬間信は王騎将軍が矛を振るう光景を思い出し、

一気に意識を覚醒させ岳嬰を一刀両断した。

 

キングダムネタバレ560fin

キングダムネタバレ560感想

スポンサーリンク

キングダムネタバレ560がいかがだったでしょうか?

今回は信がやってくれましたね。

 

信が思い出した王騎の矛を振るうシーンは王騎が渉孟を一刀両断するシーンだと思われます。

ですがやっぱり苦戦というよりは信の実力を示すために今回のような一発でやった方がいいですよね。

 

信はもうちょっと強いシーンが見れてもいいかもしれないですね。

 

もう一方の玉鳳隊では、無事に亜光を助けることができました。

後退することによりどうしても亜光兵が削られると思います。

 

しかし裏目に出ると書かれてる割にはあまり秦側に被害がありませんでしたね。

亜光が正確に大丈夫かが一番この件を作用してくると思います。

 

翌日には戦場に戻れるのであれば裏目にでるどころか秦国側の作戦が成功しているように思われます。

 

なのでもう一転するかもしれないですね。

飛信隊が岳嬰を倒しましたが、亜光軍が後退したことにより敵が押し寄せてきます。

 

そして岳嬰を殺されたことにより、岳嬰軍は怒りの突撃or指揮を失い戦意消失するかもしれません。

なのでもし皆で攻められるとなった時にある程度被害は出てしまうかもしれないですね。

 

そうなったら次回のキングダムネタバレ561が楽しみですよね。

 

しかし亜花錦いいキャラしていますよね(笑)

 

 

 

キングダムネタバレの通知を受けることができます

下から友達登録していただけると、

キングダムネタバレが更新されるたびにメッセージで通知を受けることができます!

 

なのでぜひ下のボタンを押して友達登録お願いします。

  友だち追加