東京グールネタバレ165がいよいよやってきました。

前回の東京グールreネタバレ164ではカネキが竜の毒に耐性が明らかになったり、カネキがヒデと再会したりなどがありました。

 

東京グールreネタバレ165ではどのようになるのでしょうか?

早速参りましょう。

東京グールreネタバレ165

スポンサーリンク

喰種捜査官3人が公園のちょっとした丘に座っていた。

そこで武臣が奥さんは良かったのか?と質問される。

 

すると武臣は、

「こんなおきこそ戦うのが捜査官だろう、と依子が」と言う。

 

依子の言う通り、今は本当に秦国な状況にあった。

「ROS」患者(竜の毒により喰種に近づいてしまう症状)のうち一千万人近くがすでに食べ、小野を受け付けなくなっている状況だった。

 

そのおかげで人と喰種の定義があやふやになってきていた。

 

場所が変わり医療部屋へ

才子はかなり喰種に近づいていた。

 

目の真んから奇妙な棒のようなものができていた。

 

そんな眠っている才子の周りではみんなが話していた。

 

竜から生まれた怪物がいる限り、この症状の患者は増え続ける一方であった。

しかも現在確認されている卵管は9つあり、

そのうち1つは崩壊期に入ったが残りの卵管をすべて取り除くのには膨大な時間が必要であった。

 

だが毒を断つ方法はほかになかった。

 

そしてその卵管はある卵管付近に集中していること、そこに「なにか」があることを貴未は分かっていた。

 

するとカネキは僕に行かせてくださいと申し出た。

「僕の身体には毒の耐性があるんですよね」

 

そういって自分が行く理由まで述べた。

 

すると突然町のビルが爆発する。

その爆発の方を見ると黒色で覆いつくされているVが襲撃してきていた。

 

丸手はすぐに反応し、戦闘配備と大きく叫ぶ。

 

貴未は「何かに気づいたことに気づいたのかも」と考える。

だがそれにしては早すぎる行動であった。

 

するとヒデが疑問を持ちかける。

「向こうが来るってことは来てほしくないってことだったりしねぇか・・・」

「貴未さんの水槽が正しいかもしんねー・・・」

「だったら毒の元はいま調べるべきだ」と言う。

 

その発言を聞き、月山が「そうするなら僕たちが護衛を・・・」と言ったときアヤトが俺が行くとそういった。

 

地下には詳しいそれがアヤトの理由であった。

 

この発言でカネキとアヤトが地下に向かうことが決定した。

 

 

そしてカネキに瓜江がここは任せてくださいと言う。

 

次にトーカとヒデが帰ってきてよと言い、カネキは帰ってくると返した。

 

そしてその決定したことが丸手特等に伝えられ、部下たちにせいぜい足止めいてやれと指示される。

 

そして鈴屋などCCG全員がVとの対決となった。

 

タケが戦っているところに突如怪物が落ちてきた。

 

東京グールreネタバレ552fin

 

キングダムの最新ネタバレはこちらです。

☞キングダムネタバレ最新

 

 

 

 

 

キングダムネタバレの通知を受けることができます

下から友達登録していただけると、

キングダムネタバレが更新されるたびにメッセージで通知を受けることができます!

 

なのでぜひ下のボタンを押して友達登録お願いします。

  友だち追加