キングダムネタバレ548がついにやってきました。

前回のキングダムネタバレ547では尭雲にやられっぱなしだった信が最後に尭雲に矛を叩きつけて終りました。

 

これから反撃というところで終ってしまったので、先が気になりましたよね。

では早速キングダムネタバレ548にまいります。

スポンサーリンク

キングダムネタバレ548

スポンサーリンク

第548話 乱戦下の策

「ゴツッ」

信の振り下ろした強烈な一撃が尭雲に炸裂し尭雲は少しのけ反る。

 

その状況に尭雲の部下達は驚き、心配する。

さらに信は一撃追加する。

「ドツッ」

 

その一振りも尭雲は耐えられず再び吹き飛ばされる。

 

その光景に飛信隊は歓喜した。

信は尭雲に対して、

(言ってみろ尭雲)

(この矛のどこにそんな軽さがある!!)

と心の中で呟く。

 

そしてさらに信が尭雲に矛を振り下ろすが尭雲はそれを防ぎ反撃する。

「バキンッ」

信は尭雲の攻撃を防ぐものの大きな音と共に後ろに倒れそうになる。

 

信は起こったことに少し驚いていた。

 

そして尭雲は少し信に近づき、

「強いな飛信隊、信」

「少し安心したぞ」

 

「どうやら貴様は、その矛を手に取る資格はあるようだ」

と言う。

 

そのに対して信は当たり前だと返す。

 

その返事を聞き、尭雲はまた話始める。

「当たり前のようで当たり前ではない」

「単純な武の話ではなく、重要なのは貴様が人の剛夫さが何かをしっていることだ」

 

と言う。

 

尭雲は信を少し褒めた後に、まぁいいどうせ貴様たちはここで死ぬとつぶやく。

 

そして尭雲は横で起こった大炎は貴様らを余さず焼き尽くすと言う。

 

尭雲の言う通り信たちの右側ではかなり戦いが盛り上がっていた。

 

 

尭雲は最後に、

「そして貴様は俺に討たれ飛信隊の光はこの朱海平原の野に消える」

と信に言い放つ。

 

それに対して信は「へっ」と笑い、ここで消えるのはてめぇーの方だと言う。

 

場所が変わり、飛信隊本陣へ

本陣は隊長である信の状況が分からず混乱していた。

 

そして本陣で指揮しているのは信がいなくなくなったので代理で河了貂がなっていた。

河了貂は信が大炎と言っていた渕さんの持ち場が危ういと察したが特に何か行動はしていなかった。

 

その渕さんの持ち場では、かなり戦が混乱していた。

 

そんな中我呂の持ち場では、渕さんの持ち場と同じくかなり混乱していた。

戦略どうこうではなくただの武力のぶつけ合いになっていた。

 

だが飛信隊は少しずつ尭雲軍に押され始めていた。

スポンサーリンク

その時我呂の元へ、羌瘣がやってくる。

羌瘣

「我呂」

 

我呂

「羌瘣!!」

「どうしてここへ!?」

 

羌瘣

「飲み込まれる前に”策”を使うぞ」

 

我呂

「もう十分飲み込まれて・・・」

「さっ策!?」

「この中でか!?」

 

羌瘣

「ここを要にして右手に敵を流せ」

 

我呂

「なっ何?」

「要!?」

 

羌瘣

「踏みとどまって流れを右に作るんだ」

 

我呂

「やれるかよ全体が押し込まれてるんだ」

「この場だけとどまれるわけねぇーだろ」

 

羌瘣

「でもやってくれそのために竜川隊も連れてきた」

「向こう側、楚水の所にも田有ら竜有隊を置いてきた」

 

「同じく”要”の役目向こうは、左手に敵を流す」

キングダム548話参照

 

その作戦に我呂は納得できない様子だったが、羌瘣のを信頼してか反論はするがすぐ作戦を聞く。

そして岳雷の旦那を呼ぶ。

スポンサーリンク

羌瘣は、我呂に作戦を伝える前に松佐と崇原に歩兵を集めるように命令していた。

崇原と松佐は命令通り歩兵を集められるだけ集めていた。

 

歩兵たちは、なぜ自分たちが戦場から離れここに集められているのか理解できていなかった。

 

そんな歩兵たちに羌瘣は、へばってないなみんなと一声かける。

羌瘣隊の歩兵たちは羌瘣が一声かけるだけで苦しそうな顔が一転して戦前よりも元気そうな顔で盛り上がっていた。

 

 

そんな中松佐が羌瘣にどんなことを企んでいるのかと聞く。

 

羌瘣は、松佐だけでなく歩兵たちにも話すように、

「左右に”止め石”を置きこの場に敵の大軍が流れ込むようにした」

「それをここにいる私たちで迎え撃って一網打尽にする」

と説明する。

 

それを聞き、歩兵たちは一気にがっかりする。

そんな中一番がっかりしていたのは尾平だった。

 

松佐が逆にこっちが一網打尽にされるんじゃねーかと言う。

 

それに対して、羌瘣はたしかにと言ったあと

「だが何か行動にでないと普通に負ける」

「それなら歩兵の”最大火力”を集めて勝負に出た方がまだ光があると思う」

「互いに主力は歩兵だからな」

と羌瘣は馬から降りてそう言う。

スポンサーリンク

そして羌瘣はその歩兵に入ると言う。

 

崇原が歩兵たちに激を飛ばす。

そして歩兵たちは一気にボルテージが上がる。

 

そんな歩兵に羌瘣が最後の後押しの激を飛ばす。

「共に戦って勝利を掴むぞ!」

 

そして歩兵の最大火力がぶつかり合った。

 

キングダムネタバレ548fin

 

東京グールreの最新ネタバレも更新されています。

☞東京グールreネタバレ161

キングダムネタバレ548感想

スポンサーリンク

キングダムネタバレ548はいかがだったでしょうか?

今回は半分が信と尭雲の一騎打ち、もう半分が羌瘣の作戦と言う形でしたね。

 

今回も河了貂の出番はほとんどありませんでしたね。

どんどん落ち目になっていっています・・・・

 

しかし羌瘣は策を施し、自分を馬から降り白兵戦をすることになりました。

羌瘣が激を飛ばすのは初めてではないでしょうか?

 

一方信のほうでは尭雲もさすがに一方的にはやられませんでしたね。

こちらもこれからどんどんと盛り上がっていくと思います。

 

次回のキングダムネタバレ549が楽しみですね。

キングダムネタバレの通知を受けることができます

下から友達登録していただけると、

キングダムネタバレが更新されるたびにメッセージで通知を受けることができます!

 

なのでぜひ下のボタンを押して友達登録お願いします。

  友だち追加