キングダムはついに46巻までいきました。

 

そして次は47巻になります。

 

47巻は一体どのような内容になるのでしょうか?

 

しかし46巻では王騎将軍の矛を信に継承されましたね。

 

47巻では一体どのような内容になるのかについてネタバレを紹介していこうと思います。

関連記事

☞47巻を無料で全て読む方法はこちら!

46巻ではどのような内容だったのか!?

スポンサーリンク

46巻では大体二つの内容から46巻はなっていました。

 

そしてその二つの内容というのは、

・飛信隊の新人について

・鄴攻めについて

 

この2つのことについて紹介していました。

まず飛信隊に新しい新人を入れるために入隊試験を行っていました。

 

そしてその新人の中に弓の天才兄弟がいました。

その名前というのが、

です。

その仁淡兄弟は中華十弓の父の息子二人になります。

 

そんな絶対今後活躍するのがわかるような弓兄弟の飛信隊の加入はいいことですよね。

 

そのほかにも新人にはまだ弱いですが、

干斗(かんと)なども今後に期待です。

そして飛信隊はかなりの人気だったそうです。

下僕だった信が現在は5000人将になって活躍していることで、

飛信隊に憧れる人が多くなっていたそうです。

 

 

なのでかなりの人数が試験を受けたそうですが・・・。

 

飛信隊の試験がかなりキツいものでした。

それも絶対に尾平は通過できる物ではありません笑

そして次の内容というのが鄴攻めですね。

この鄴攻めの内容が46巻のメインの内容でした。

 

鄴(ぎょう)というのは、趙の首都圏内のとても重要な城になります。

 

その鄴を攻めるのが鄴攻めです。

 

その鄴攻めの総大将は、

王翦

 

そして大将は、

桓騎陽端和です。

そしてその総人数は20万もの兵です。

 

そんな大戦ですが、

秦国はとっても不利なのです。

 

というのも、

鄴は自然に守られているんです。

 

太行山脈と黄河に守られているんです。

 

そして強敵李牧も相手になってくるので秦国が不利なのは見え見えですよね。

 

そんな鄴攻めが46巻ではやっと開始されました。

合従軍戦以来の大戦になります。

関連記事

☞キングダムアニメ3期は放送予定はいつ!?

47巻の発売日は!?

スポンサーリンク

47巻の発売日は、

2017年7月19日(火)が発売日です。

 

しかしこれは予想ですので、

参考までにしてください。

 

確定情報は、発売日の一ヶ月前に公開予定です。

47巻のネタバレ考察

キングダムの46巻は493話から503話でした。

なので47巻は504話から514話です。

 

504話から514話の内容は、

・山の民と飛信隊での列尾の陥落

・列尾の罠

・王翦の新たなる作戦

 

この3つから47巻は構成されると思います。

まず『山の民と飛信隊での列尾の陥落』

王翦将軍はなぜか急いでいるにも関わらず全軍で攻めず、

山の民と飛信隊だけで落とさせるのです。

 

そして実力に謎が多い山の民であったが、

列尾を落とすのに山の民が活躍するのです。

 

そして山の民で一番恐ろしいのが、

士気の高さなのです。

タジフやバジオウの強さもありますが、

山の民は士気の高さは強いです。

 

しかし列尾では飛信隊も活躍します。

王騎の矛を持った信はかなり強くなると思いますが・・・。

 

実は王騎の矛は重すぎてまだ信の方が振り回されています。

 

そしてこの列尾を落とすためのワンポイントは、

飛信隊の新戦力、仁淡兄弟です。

しかし仁淡兄弟はまだ人を殺したこともなくそこだけが不安でした。

その不安が現実となります。

 

仁と淡は手が震えてしまいました。

 

そしていろんな戦力のおかげで列尾を半日で落としてしまいました。

 

しかしその落とした列尾に罠があったのです。

 

『列尾の罠』です。

 

というのも列尾が半日で落ちたのが、

山の民と飛信隊の強さはもちろんなのですが、

 

本当の理由はこれではありません。

 

実は列尾は、

「落としやすい城」にされていました。

 

これは李牧の戦略だったのです。

 

なぜ列尾を落としやすくしてるというと、

『落とされやすい城だが落としやすい城』にするためだったのです。

つまり鄴に攻めている内に落としやすい鄴を落としてしまえば、

秦国は兵糧が尽きてしまうので全滅してしまうことがありえるのです。

 

だから李牧はわざと列尾を”落としやすい城”にしていたのです。

 

その戦略は見事に王翦にバレていました。

そこで普通は全軍撤退するのが普通だと思うのですが、

 

王翦将軍はそんなことしませんでした。

なぜなら鄴を落とす策があったからです。

 

それが王翦の新たなる策に関係してきます。

 

その策というのが、

『兵糧が尽きる前に鄴を落とす』

という作戦です。

 

しかしその作戦が可能であるのか調べるために王翦は数人の仲間を連れ秦国が目指しているところ”鄴”を見に来ました。

 

そこで王翦が下した決断は、

「鄴は落ちない」

だったのです。

 

それは現時点の鄴は落ちないだったのです。

 

そこで王翦はとつぜん小さな城、

吾多(ごた)に攻め込みます。

 

その目的は一体なのでしょうか?

気になりますよね。

 

その答えがこの記事にありますので、

ぜひ見てください!!

王翦は鄴をどのように攻めたのか!?

スポンサーリンク

47巻の見所!!

47巻は面白い巻になるのは分ると思うのですが、

キングダム考察王(サイト主)がオススメする47巻の見所は、

まず『山の民の本当の実力』です。

 

今回列尾を落とすのに一番活躍するのは飛信隊ではありません。。

 

山の民です。

その山の民の戦い方にまず見所があると思います。

 

そして次の見所として、

「信の王騎の矛の扱い」です。

 

やっぱりまだ慣れてないと言っても、

王騎の矛の強さには気になりますよね。

 

47巻ではそこについてもしっかり書かれていますので、

ぜひここも見所ポイントでもありますのでオススメです。

 

そして次の見所ポイントについては、

「飛信隊の新戦力」です。

 

仁淡兄弟はもちろんのこと、

ほかにも個性豊かな新人が飛信隊には入ってきています。

 

その新人についても見所なのですが、

その新人達に信の過去を語っているところこそが、

一番の見所です。

 

そして最後の見所ですが、

これがやっぱり一番の見所になります。

 

その見所というのがつまり、

『王翦と李牧の知略対決』です。

いままでのキングダムでも知略対決は多数ありました。

 

しかしそのレベルを見事に超える知略対決を47巻では見ることができます。

 

あのオルドやレンパなどを翻弄した王翦と

王騎を殺し、中華にも恐れられている李牧

の戦いですからかなりの高レベルでの知略対決になります。

 

 

この知略対決こそ、47巻のいや鄴攻めの見所になります。

 

ぜひここには注目して見てください!!

関連記事

☞鄴攻め決戦の地朱海平原での王翦の作戦は!?

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回は47巻のネタバレについて紹介していきました。

 

鄴攻めは合従軍戦以来の大戦になります。

 

合従軍戦とっても面白かったですが、

今回の鄴攻めはそれ以上の面白さになるでしょう。

 

そこが今後一層楽しみですよね。

キングダムネタバレの通知を受けることができます

下から友達登録していただけると、

キングダムネタバレが更新されるたびにメッセージで通知を受けることができます!

 

なのでぜひ下のボタンを押して友達登録お願いします。

  友だち追加