私がキングダムで好きな将軍は

麃公将軍(ひょうこう)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麃公将軍はいろんなシーンがありますが、

 

やはり皆さん麃公将軍が死んでしまうシーンが

一番好きですよね。

 

あのシーンで泣いてしまう方も

少なくはないでしょう。

 

なので今回は麃公将軍の感動の

ラストシーンを紹介していきます。

 

合従軍戦で麃公将軍が信にかけた言葉とは?

スポンサーリンク

 

麃公将軍も合従軍戦に参加していました。

 

麃公将軍の軍は韓の万極軍との戦いでした。

 

麃公将軍の軍に飛信隊も組み込まれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして信が万極が一騎打ちになり、

万極を討ち取りました。

 

しかし飛信隊は大将を打ったにもかかわらず、

万極に同情し、

飛信隊のテンションは下がっていました。

 

そこに麃公将軍が駆けつけ、

信に酒をつきだし飲ませました。

 

そして「つまらぬ感傷に浸っている場合ではないぞ

    今は国が生きるか死ぬかの瀬戸際じゃろ」

 

この大戦で化けてみせろ 童(わっぱ) 信

 

このときには麃公将軍は

もう信に目をつけていたのかもしれませんね。

 

麃公将軍の死!? 感動のラストシーン!

スポンサーリンク

 

合従軍戦18日目咸陽に

小さな城が攻め落とされたという

情報が次々と入り出します。

 

そうです。李牧のしわざです。

 

李牧は山の間を通っていたので、

 

咸陽はもちろん将軍たちは

全然気づけませんでした。

 

しかし麃公将軍だけは凄い直感

気づき飛信隊を連れて、李牧を追いかけました。

 

麃公将軍は李牧に追いつき、流動を攻略しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしたら李牧は龐煖を出します。

 

本当に龐煖はどんどん

自分の好きな将軍を倒していくので嫌いですね笑

 

ここで麃公将軍と龐煖の一騎打ちになります。

 

スポンサーリンク

麃公の死! 最後に信にかけた言葉とは?

 

麃公将軍は龐煖が王騎を打った知ると、

「己の中の大いなる矛盾に気づかず

        一人もだえておる ただのど阿呆」

といい放ちました。

 

しかし孤立してしまっている麃公将軍は

自分がもう厳しいことを察したのか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信に盾を託し、

「火を絶やすでないぞォ」

と叫び龐煖に討たれてしまいました。

 

まとめ

キングダム30巻で麃公将軍を好きになった人は

多いのではないでしょうか?

 

しかし、龐煖に討たれてしまい死んでしまいました。

 

しかし盾を託された信はこれからどんどん

活躍してほしいですね。

 

そして

大将軍になったときに麃公将軍の盾をつけてほしいですね。


キングダムネタバレの通知を受けることができます

下から友達登録していただけると、

キングダムネタバレが更新されるたびにメッセージで通知を受けることができます!

 

なのでぜひ下のボタンを押して友達登録お願いします。

  友だち追加