【キングダム】ネタバレ最新509話

スポンサーリンク

■ついに戦場で放たれた強大なる武力!! 信の手によって再び振るわれた”王騎の矛”の威力や、如何に!!?

信が趙兵を次から次へと吹き飛ばしていく。

尾平は王騎の矛の威力にあっけにとられている。

趙兵「な…何だこいつは…」

「何だこいつはァっ」

s

一振りで数人ずつの兵士を倒していく。

 

干斗らだけでなく、

今まで一緒にいた崇原もその様子に見入ってしまっていた。

20170311154944675

尾平「す…凄ェ」

趙兵「ぎ」

尾平「あ…あれが…」

「あれがっ…」

「っ……」

w

「王騎将軍の矛の威力…!!」

■受け継がれた意志と矛──。

2017031115493952f

信「ルアアアア」

次々と趙兵を倒していく!!

尾平「すげェ」

「信の奴あっさりと将軍の矛を使いこなしてるぞ」

昴「マジかよあいつ」

尾平「むっ無敵だー!」

「そのまま一人で全員ぶっ倒しちまえ信──!!」

羌瘣「あれのどこが使いこなしてる」

昴「え!?」

尾平「あっ羌瘣」

羌瘣「よく見てみろ」

尾平「へ?」

飛信隊「?」

r

信と趙兵が正面から一騎打ちに。

趙兵士「フォォ」

 

同時に矛を振るうが、

横から邪魔が入り脇腹に一撃を食らう信。

 

一瞬遅れて兵士の上半身を豪快に斬り落とす。

続いて別の兵も倒す。

 

脇腹に一撃を食らいつつも、

その兵士を返り討ちにする信。

2017031115494068d

尾平「え……」

「まさか…」

また横腹を切られる信。

尾平「振り遅れてる?」

羌瘣「ああ……」

「豪快にな」

ゴス
ゴス

信「ぐあ」

慶「……(汗)」

昴「……(汗)」

尾平「……(汗)」

20170311154941909

信「オラァ」

趙兵「ぐほォ」

趙兵に切られたところから血がどくどくと

流れ始まる。

「ぐっくそっ」

「こっ……」

「このクソ矛重すぎだろ!!」

尾平ら「クソ矛って言うなー!」

20170311162330668s

「何てことを」

ドドドドド

信「ん!?」

ドドドド

尾平「あっ」

「山の民達も入って来たっ」

「すげェ数だぞ」

入って来た山の民が次々と趙兵を倒していく!?

20170311154943964

信「シュンメンか」

飛信隊「つ 強い」

つったている信に我呂が叫ぶ。

我呂「オイ信」

「ボケっとしてると連中に手柄全部持ってかれるぞ」

信「ざけんな 城門落としてもらっといて」

「仲間でやられたら飛信隊が加わった意味がねェ!」

r

「行くぞてめェら」

「中を制圧して城主とっ捕まえて俺達が列尾を落とす!」

飛信隊「オオ!!」

 

時は流れ、列尾玉鳳隊が到着。

そこで王賁が見たものは、

ずらずらと列尾に入っていく秦兵と

趙の旗がどんどん秦に旗変えられている様子。

王賁「!」

玉鳳隊兵士「ん?」

「……」

「な……」

「れっ列尾が…落ちてる!?」

「バカな まだ開戦一日で…」

「いや 恐らく半日と経っていないぞ」

城の中から「秦軍万歳」の声が響く。

関常「ん?」

「……」

「若……望楼の上のあれは…」

王賁「……ああ」

城のてっぺんには飛信隊の旗を持つ信の姿。

王賁「あのバカだ」

信「カカカカ」

y

「オイ信 もう下りて来て傷の手当てしろー ワハハハ」

「趙の旗は全て焼けっ」
「秦の旗をかかげろっ」
「今からこの城は秦のものだ」

ナレーション:
趙国門 列尾
陥落

秦軍連合軍
入城

【楽華隊】

蒙恬「いやー何もしてないのに入れてもらって申し訳ないねー」

兵士「さすがに出番回ってくると思ってましたが…」

【桓騎軍】

「お頭ァ 先に入った奴が言うには 城内の住人は皆財産もってとっくに逃げちまってるらしいぜー」

桓騎「……マジかよ」

雷土「ケッ」

【飛信隊】

貂「重傷者の手当てを早急に」

「動ける人間を信と羌瘣と楚水の所に集めて」

兵士「今ですか?」

貂「今すぐ!」

尾平「一息ついたばっかだぞ」

「このままもう宴だろー」

貂「何言ってんの」

「列尾は”ここからが忙しい”んだよ!」

t

尾平「ここから?」

ゴッ

巨大な馬の蹄音。

フッと貂の横から出てきたのは
秦国連合軍総大将の王翦

貂「!!」

尾平「!!」

20170311155209e2a

その大きさに圧倒される河了貂。

王翦がギョロギョロっと城内を見渡す。

王翦「司陸 南の区画を調べろ」

司陸「ハ!」

王翦「黄楽 四方の城壁の高さと長さを正確に測って報告せよ」

黄楽「ハ!」

王翦「田近 城門の作りを細かく解明して報告せよ」

田近「ハ!」

貂「………」

尾平「怖…」

王翦軍の兵士「貴様ら飛信隊か」

尾平「!!」

「はっはいィっ」

兵士「ご苦労だったな」

「”後”は我々がやる」

「指示があるまで待機しておれ」

尾平「は…はい」

慶「……後?」

貂「……そう 後だ」

「言っただろ ここからが忙しいんだって」

u

「秦軍(オレ達)は今この時から この列尾を秦の城としてしっかり守りきらなきゃいけない」

「そのためにはこの列尾城の全容を隅々まで把握して 一刻も早くこの城のクセをつかまないといけないんだ」

re

尾平「城のクセ…」

貂「……」

(王都圏への突破口”列尾”をうまくこじ開けたけど)

(“鄴”攻めが本命の秦軍にはこの”列尾”が今度は”呼吸口”となる)

2017031115521061a

(ここを確保し続けないと

兵站が断裂して鄴攻めどころではなくなるんだ…)

場面変わり、荒野を進む趙の大群。

【赤馬丘 列尾までおよそ半日】

先頭を駆ける将軍に伝令が。

「将軍 急報です!」

「列尾陥落! 陥落です!」

兵士たち「!」

「なっ」

「何だとォ」

「もう落ちたのか!?」

「列尾が一日で…」

「えェい構わぬ このまま突っ込んで取り返すまでだ」

「しかし入城されているのなら攻城戦になるぞ そこまでの戦力は」

「大丈夫だ! 奴らはまだ城を手なずけていない」

「行きましょう将軍」

「公孫龍将軍」

公孫龍「全軍停止!」

「さらに反転だ!!」

兵士「!?」「!?」

公孫龍「前線を陽土まで退げて布陣する!」

兵士「な…し…将軍っ」

「列尾を見捨てるのですか!?」

s

公孫龍「案ずるな」

「落ちたら落ちたで 奴らを”術中にはめる”までだ」

兵士「!?」

「えっ!?」

「じ…術中にはめる!?」

公孫龍「……ああ……」
k

「あの列尾には

”李牧様の施された策が秘められている”のだ」

兵士「えっ!?」

201703111552127a1

城壁から列尾を見下ろす王翦。

ナレーション:
そして──

一方 列尾では
正に公孫龍が口にした”李牧の施した秘策”の存在に
王翦だけが気づいていた

手を強く握り王翦。

20170311155213345

王翦

「……」

「……そういうことか…」

「李牧…」

ナレーション:
王翦は──

この時

昌平君が練り上げた鄴攻めの戦略が

音を立てて崩れていくのを感じていた

■秦軍でたったひとり…。李牧がめぐらせた秘策が

胸を刺す王翦。趙王都圏攻略の行方は──!?

 

スポンサーリンク

感想

スポンサーリンク

いかがだったでしょうか?

 

今回はまたしびれる展開になりましたね。

 

なにより今まで押されていた李牧が

やっと押し返したというところですね。

 

それにしてもあんだけ昌平君が

練り上げた鄴攻めの戦略があっけなく終わったというのは

またかなしいですよね。

 

李牧の秘策はなんなんでしょうか?

来週のヤングジャンプも楽しみですね。

 

それにしても王翦はかなり怖いですよね。

本当に何を考えているのかが全く予想できません。

 

しかし今回の手を握って少し悔しがっているのを見ると、

以外だなと私は思いました。

 

そんなにもすごい策略をしていたのかもしれませんね。

 

そして公孫龍ですが、

この将軍はこの先どのような行動をしてくるのでしょうか?

 

そして陽土とはどこのことなんでしょうか?

 

そして信ですよね。

信は王騎の矛をどんどん使うようになりましたよね。

 

しかし王騎の矛はとっても重く、

かなり信が振り回されていますよね。

 

そして羌瘣は信が趙兵にやられても、

のほほーんとした表情をしていますよね。

 

しかし信は王の剣(ひょうに託された剣)

実はまだ持っているのです。

 

なのでクソ矛(王騎の矛)がもし使えなかったら、

漂に託された剣があるので一応安心ですよね。

 

しかし王騎の矛を使いこなして、

龐煖をボコボコにしてほしいというのが私の願いです笑

 

しかし信ならあと少し慣れたら、

使えそうになりそうですよね。

 

そして河了貂ですが、

かなり軍師としてレベルがあがっているように感じます。

 

しかし河了貂の背後から現れた王翦は

かなりでかかったですよね。

 

そして山の民です。

 

山の民は私はあまり強くないと思っていましたが、

シュンメンやタジフ、バジオウなどかなり強いですよね。

 

それだけではなく、

 

普通の兵もかなりやるようですし

これからかなり戦力になりそうです。

 

そしてもう一つ思ったのが、

自分が想像していたよりも列尾が鄴と近かったです。

 

これならかなり早く鄴を落とせるのでないか、

という風に思ったのですがそう李牧はあまくないですよね。

 

510話の考察

来週のヤングジャンプは、

王翦が作戦を新しく練りあげそうですね。

 

そして昌平君ら咸陽の人たちに、

李牧の作戦が伝えられかなり驚愕をし、

 

新たな作戦を立てていきそうです。

 

そして信と王賁と蒙恬の仲良し500人将の

会話が見れそうな気がします。

 

信「カッカッカ、 もう列尾を落としてやったぜ。」

王賁「浮かれるな。玉鳳隊ならもっと早く落としていた。」

信「なんだと~💢」

蒙恬「もう仲間同士やめなよー」

 

こんな会話が見られるのではないかという風に

勝手に妄想しております笑

 

そして李牧の策略がどんな策略なのか、

解説が入りそうですね。

 

 

そして李牧のシーンが入り、

「間に合いそうだ」

というのがありそうな気がします。

 

キングダム全巻を半額で購入する裏技

キングダムを全巻買うっていっても高いですよね。
そして一歩足を出せないでいる方に今回ものすごいキャンペーンが行われています。

それがebookjapanで行われている
ポイント50%返還キャンペーン

キングダム全巻を実質半額で購入することができる赤字覚悟のキャンペーンになります。
☞詳しくはこちら!!