キングダムネタバレ551がついにやってきました。

キングダムネタバレ550では秦と趙の兵糧差が明らかになりました。

 

そしてそれと同時に秦国が絶対絶命の危機であることが明らかになりましたね。

 

兵糧の報告が確実なのかはまだ分かりませんが、それもいずれ明らかになると思います。

 

では早速キングダムネタバレ551に参りましょう。

 

最新ネタバレが更新されました。

☞キングダムネタバレ552

スポンサーリンク

キングダムネタバレ551

スポンサーリンク

場所は咸陽から始まった。

 

咸陽ではあまりの疲れより政だけではなく文官全員が眠りに落ちていた。

 

その時、「バンッ」

 

突然ドアが開き傷だらけの伝者が中に入ってくる。

 

その音で皆がびっくりしたように起きる。

 

ある文官が伝者に遅すぎると激怒する。

伝者は申し訳ありませんと謝った後にその理由を説明する。

 

「趙王都圏の出入り口列尾が封鎖され、山岳を抜けなければならないのですがそこにも多くの趙兵が」

 

すると李斯が言い訳はいいから早く報告をしろと報告をせかす。

 

伝者がどこまで報告を聞いているのかと聞く。

 

それに対して昌文君が兵糧合戦に持ち込みその後三軍に分かれたとの報告までだと言う。

 

すると伝者がその後の報告を始める。

「連合軍は分裂し、桓騎軍は鄴を包囲」

「楊端和、壁軍は遼陽にて交戦・・・そして王翦軍は朱海平原にて李牧軍と戦っております」

その報告を聞いた文官が騒ぐと李斯に怒られる。

 

押しつくと昌平君が伝者に王翦軍の元から来たのかと静かに聞く。

 

「朱海平原の開戦から三日目まで王翦軍中央軍にいました」

「彼にそこまでの戦局しか分かり得ぬのですが・・・」

スポンサーリンク

 

「数は劣る中戦局はほぼ互角、両翼の奮戦により中央軍はお互いに動かず・・・・」

「李牧軍に対し互角に渡り合っていると言えます。」

 

「中でも初日左翼の危機を救った楽華隊、そして右では玉鳳隊と

三日目には敵の強軍一万とぶつかった飛信隊の奮闘が大きな戦果となっていました。」

 

その報告を聞き肆氏が昌文君に質問する。

「互角というのは本当に喜ばしい戦局なのか?」

 

その質問に対して昌文君は、ここからではわからないと答える。

 

その理由としては、鄴の食糧がどれ程持つのか分からないからであった。

 

その昌文君の答えに李斯が待ったをかける。

「どちらの兵糧が先に尽きるか分からぬ・・・」

「そんな博打に王翦は出たのか!?」

 

その質問は的確なものであった。

昌平君も同じことを考えていた。

(そう、そこだ)

(鄴包囲の一報を聞いたとき、大いにそこに引っかかった)

(王翦がそれほどの博打に出る男だったかと・・・)

 

 

昌文君はここでは分からないと言って、唯一分かるのは自分の軍の兵糧があと何日持つのかだと言う。

 

すると伝者がまた報告を開始する。

「私は三日目まで戦場にいましたのでその時点で残っていた兵糧は十日分であったと記憶しています」

伝者は朱海平原を出て5日掛かっていた。

 

なので王翦軍の兵糧はあと5日分しかないとのことであった。

 

その報告を聞き、空気が緊張感が増し文官達が焦りはじめる。

 

そんな文官達に政が喝を入れる。

「今さらうろたえるな」

「これまでで最も難しい戦だと分かってしかけたのだ」

「故にあらゆる苦境をはね返す人選も準備もしっかりし送り出した」

「あとは戦場にいる者たちを信じるだけだ」

 

その言葉を聞き、文官たちは冷静を取り戻した。

 

すると伝者がもう一つ報告ありますと言い、

「道中絶命しかけた壁軍からの伝者に出くわしましてその者から託された情報なのですが・・・」

「壁軍の兵糧が焼かれ楊端和軍・壁軍の兵糧はさらに数日早く尽きてしまうと・・・」

 

その報告に政や昌平君までも少し苦しい顔をする。

スポンサーリンク

場所が変わり遼陽へ

開始から八日目

 

相変わらず犬戎の攻撃に壁軍は対応できていなかった。

 

その隊長である壁ももう顔から力も抜け、部下からの報告も右耳から左耳流れていっていた。

 

八日目の夜、壁軍のところへ兵糧が配られた。

壁が族長に感謝をしたと同時に、そちらの半分の量だとてかたじけなく思っていると言う。

 

その言葉に族長はハンブンと言い直し、壁に膝蹴りしながら

「何が半分だうちらは逆にてめぇらの半分しか食ってぇーよ」

「戦いの後野山に入って食い物探して耐えしのいでんだよボケが」

 

すると突如、聞いたこともないような声が鳴り響いた。

それは山の民の内輪もめであった。

 

7日目の夜ぐらいから山の民では食糧を取り合うために内輪もめが起こっていた。

 

その様子を楊端和とフィゴ王は見ていた。

 

フィゴ王

「どうする死王このままでは三日でこの軍は崩壊するぞ」

「何か早めに手を打たねば」

楊端和

「分かっている」

「どうせあと三日と持たぬしな」

フィゴ王

「何っ!?」

 

楊端和

「バジオウ」

「全族長を今すぐ天幕に集めよ!」

「生きるか死ぬか勝負をかける作戦を伝える」

 

キングダムネタバレ551fin

 

東京グールreの最新ネタバレはこちらです。

☞東京グールreネタバレ164最新

キングダムネタバレ551感想

スポンサーリンク

キングダムネタバレ551はいかがだったでしょうか?

今回は咸陽の反応と遼陽の反撃開始の合図でしたね。

 

しかし私は今回の戦いで壁は活躍するものだと思っていましたが、これは厳しそうですね。

そして朱海平原ではまだ互角ですが、遼陽では本当にピンチですよね。

 

食糧はあと三日しか持ちませんし、壁は使い物になりません。

楊端和の作戦が気になりますよね。

 

そして今回のキングダム551話で王翦が何か企んでいるのが匂いました。

王翦がどのような作戦を考えているか是非コメント頂ければと思います。

 

鄴の兵糧がなくなったとしても、秦軍の兵糧も無くなってしまったらそもそも鄴が取れたとしても守れ抜くことができません。

そう考えていくと秦国は本当に危険な状態だと思います。

 

王翦の作戦が楽しみです。

 

キングダム全巻を40%offで購入する裏技

キングダムを全巻買うっていっても高いですよね。
そして一歩足を出せないでいる方に今回ものすごいキャンペーンが行われています。

それがebookjapanで行われている
ポイント50%返還キャンペーン

キングダム全巻を実質40%offで購入することができる赤字覚悟のキャンペーンになります。
☞詳しくはこちら!!