キングダムで玉鳳隊は最初は嫌な集団でしたよね。

しかし現在では信と蒙恬と王賁というのは実力も同じくらいでかなり強くなってきていますよね。

 

そして独立遊軍も飛信隊・玉鳳隊・楽華隊しかありません。

 

今回はその中の玉鳳隊について紹介していこうと思います。

王賁

スポンサーリンク

父は王翦であり”王”家の次期当主と言われ、王騎のような分家ではなく本家の次期党首になる予定。

幼き頃から槍をずっと鍛錬をしており、槍の達人であり”龍指りゅうし” “龍巣りゅうそう“と呼ばれる技を使う。

 

そしてチョヨウというところでは中華で一番強いと言われている紫伯(しはく)を倒し王賁は中華で一番槍が強いと思われます。

 

王賁の性格は、出世欲が高く、プライドが高すぎるので馴れ合いを拒みます。

 

父親である王翦はかなり無言で何を考えているのかわからないために王賁は次期王家の当主になるためにかなりプレッシャ-を感じている。

 

もともとかなり高貴な家に生まれたため昔は飛信隊をかなり下に見ておりかなりうざかった。

 

しかし王賁は現在は信をライバルとして見ている。

番陽(ばんよう)

スポンサーリンク

玉鳳隊の副官を務める老兵。
王賁の幼少期からお世話係をしておりかなり王賁を愛している。

 

王賁よりもかなり年齢は高いものの王賁を尊敬している。

何より玉鳳隊の副官を務めている。

 

そして飛信隊の信を王賁に刃向かっているので信をかなり嫌っていると思われる。

王賁のために、そして王家の血筋を守るため、体を張りたびたび王賁を救う。

スポンサーリンク

関常(かんじょう)

奢雍で魏と戦う半年前に、玉鳳隊に入隊した千人将。

 

もともとはおうほんの父である王翦の隊にいたが王翦の命令により玉鳳隊にいる。

 

監視の役目をしているのかも?

 

最初は王賁の決定にかなり口答えをしていたが一緒に過ごすうちに王賁の実力を尊敬し従うようになる。

宮康(きゅうこう)・松琢(しょうたく)

鄴攻めから出てきた若き千人将。

 

玉鳳隊が乱戦を行うも、王賁紫伯との一騎打ちのため温存する策に対して愚痴をこぼす。

 

 

 

キングダム全巻を40%offで購入する裏技

キングダムを全巻買うっていっても高いですよね。
そして一歩足を出せないでいる方に今回ものすごいキャンペーンが行われています。

それがebookjapanで行われている
ポイント50%返還キャンペーン

キングダム全巻を実質40%offで購入することができる赤字覚悟のキャンペーンになります。
☞詳しくはこちら!!